ホームページを作るときに需要な「5W1H」

「WordPressを使ってホームページを作りたい!」

「Jimdoでホームページを作り、ネットショップを運営したい!」

そのようなことを考えている方、多いことと思います。

中には、すぐにでも作らなければ!と迫られている方もいるかも知れません。

そんな焦る気持ちを少し抑えて、まずは「こんなホームページを作りたい」というイメージを持つことが大事です。

そしてその頭の中にあるイメージを、具体的に形にしていきましょう。

今回は、以下の要素を見える形にしていきます。

●ホームページの目的を明確にする

●どのようなホームページを作りたいのか整理する

この二つ、どちらも大事な要素になります。

しっかりと考えながら、具現化していきましょう。

 

5W1Hで「作りたいホームページ」を整理する

例えばあなたが、「今日は外食がしたい」と考えたとき、まず最初にどのような行動を起こすでしょうか?

おそらく、スマホやパソコンを使って、目的に合ったお店を検索するのではないでしょうか?

「誰を誘って食事しようか?」

「和食、洋食・・・何を食べようか?」

「どの辺の場所のお店にしようか?」

など。

時間を決めたり、一緒に行く人を探したり、お店を検索したり、料理の種類を検討したりしながら、最終的にどのお店にするのか、決めることと思います。

この「5W1H」を、あなたがこれから作りたいホームページに当てはめて考えると、わかりやすいです。

実際にメモを取りながら、その「5W1H」を考えていきましょう。

 

Why? 【なぜ?】

なぜあなたはホームページを作るのでしょうか?

なぜ、ホームページが必要なのでしょうか?

 

When? 【いつ?】

いつ頃、あなたのホームページを訪れてくれるでしょうか?

何分、何時間ぐらい、あなたにホームページを閲覧してくれるでしょうか?

 

Where? 【どこで?】

どこで、あなたのホームページを閲覧してくれるでしょうか?

最も多く閲覧してくれるのは、どの場所でしょうか?

オフィス? 自宅? 電車の中?

 

Who? 【誰が?】

どんな方々が、あなたのホームページを閲覧してくれるでしょうか?

逆にあなたは、どのような方々に閲覧してほしいと思いますか?

 

What? 【何を?】

何を知りたくて、どんな情報を知りたいと思って、あなたのホームページを閲覧するのでしょうか?

どんな情報をお伝えすれば、満足していただけるでしょうか?

 

How? 【どのように?】

上記の5Wを、どのようにお伝えしたらよいでしょうか?

優先順位はどの情報が高いでしょうか?

どのような雰囲気にしますか?

どのような傾向になりますか?

 

閲覧してくれるお客さまを具体的にイメージする

例えば、「5W1H」の「Who?」を考えるとします。

「こういうお客さまに見てもらいたいな」と、ホームページを閲覧してくださるお客さまのイメージも、少なからず見えてきたのではないでしょうか。

あなたのお店に集まるお客さまの特徴が、あなたのお店の特徴を決定する重要な要素になります。

たとえば、ビール、ワインなど、「特定のお酒の種類をウリにする飲食店」の場合。

・ビールが何より大好きな男性の方々

・ある銘柄のワインをたしなむ女性の方々

・お酒だけでなく、食事もわいわいがやがやと賑やかに楽しむグループの方々

・ゆったりと静かに会話を楽しむご夫婦やカップル

どのようなお客さまが集まるかによって、お店のコンセプト・雰囲気も、メニューにするお酒の種類も変わってきます。

 

これと同じことが、ホームページにも言えます。

あなたのホームページにアクセスしてくださったのは、どのような方々でしょうか?

訪問していただきたい方々の姿を、具体的にメモにしてイメージを書きだしてみましょう。

・年齢はいくつぐらいでしょうか?

・男性でしょうか? 女性でしょうか?

・どのような職業の方でしょうか? 主婦の方でしょうか?

・趣味は何でしょうか? どんなことに興味があるのでしょうか?

 

頭の中にイメージしたその方々は、あなたのホームページにどのような情報が載っていたら、興味を持ってくれるでしょうか?

どのような情報を継続的に載せていけば、繰り返し訪れてくれるでしょうか?

 

訪問してくださる方々の姿が具体的にイメージできればできるほど、どのようなホームページを作ればよいのかが見えてきます。

具体的なイメージがわけば、あなたのホームページの結果も変わってきます。

 

これからホームページ制作をお考えでしたら、まずは超重要な「5W1H」を考えてイメージしてみてください。